歯医者でホワイトニング!口元美人を目指そう

毎日歯磨きを丁寧に行っているのにも関わらず、歯が黄ばみ汚れが目立つのが悩みという女性も多いのではないでしょうか。
食べ物などの色素は1度歯に沈着してしまうと、ブラッシングで落とす事は難しいようです。
特に女性の場合、口紅などの色素が付着して、黄ばんでしまうリスクが高まります。
歯が汚れていたり黄ばんでいると、笑顔にも自信が持てません。
口元美人になるには、歯医者さんで受けられる、ホワイトニング治療を検討してみましょう。

ホワイトニング治療は美容目的で行う審美歯科治療の1つです。
歯医者さんで施術を受けるオフィスホワイトニングと、自宅で歯の色素を除去するホームホワイトニングの2種類があります。
どちらの施術でも歯に付着した色素を、特殊な薬剤で分解してキレイにします。
使用する薬剤は過酸化水素を含んでおり、この過酸化水素の酸化作用によって黄ばみを落とすのが特徴的な治療法です。
治療を受ける事によって色素沈着による黄ばみが無くなり、白くツヤのある歯へと変わります。

黄ばみが解消された事によって、笑顔を作っても「歯の黄ばみが目立つ・・」といったコンプレックスがなくなり、正に口元美人になれるでしょう。
すぐに歯の黄ばみを落としたいという場合、歯医者さんでの治療がおすすめです。
歯医者さんで行う治療法は、即効性に優れています。
特にレーザーを歯に照射して、より色素の分解を促す治療法の場合、1回の施術でも黄ばみが無くなり白い歯へと生まれ変わります。
就職や結婚式などの時に合わせて、キレイな歯になりたいという場合、効果が出やすいレーザーでの治療がおすすめです。

周囲に治療を受けている事が知られたくないという方は、ティースホワイトニングという治療法を選んでみましょう。
この治療法は徐々に歯を白くしていくとう特徴があります。
どのくらいまで歯を白くするかによって、必要となる施術回数は変わりますが3回から4回程度、施術を受けると「歯が白くなった」と実感出来る方が多いようです。

一度の通院で済増せることは難しいので何度も歯医者に頼る必要性が出てきます。
その時大切なのは歯医者が信頼できるしっかりした技術を持っているかどうかです。
腕の無い歯医者ですと不自然な歯の色に仕上がるかもしれません。

何回も歯医者さんに通うのは面倒、通う時間がなかなか取れないという方はホームホワイトニングが向いています。
最初に歯医者さんでマウスピースを製作し、歯を白くする薬剤を購入する必要はありますが基本、自宅で歯を白くする治療法です。
毎日薬剤を塗ったマウスピースをはめて、歯に付着した色素を取っていきます。
ライススタイルや予算などに合わせて、自分に合ったホワイトニング治療を受けて、口元美人を目指してみてはいかがでしょう。